あなたはオーガニック化粧品を使っていますか?どういうものがオーガニック化粧品かご存知ですか?
オーガニック化粧品というと「100%無農薬」だと思っている方は多いと思います。また、「無添加」「天然由来品だけでできている」ものだと思っている方もいるかもしれません。

実はこれ、全て間違いです。日本では“オーガニック化粧品”の表示に対する基準は海外に比べてかなりあいまいで、極端な話、1滴でも無農薬の抽出物が入っていれば“オーガニック化粧品”の表示をしても違法ではないのです。
例えば“無農薬ローズマリー配合オーガニック化粧水”とか“有機栽培シアバター入りオーガニッククリーム”なども、無農薬ローズマリーや有機栽培シアバターの他に、合成界面活性剤や合成防腐剤は入っている可能性もある、ということです。

「無添加」は、旧厚生省が指定した石油由来化合物が入っていなければ「無添加」になります。指定していない石油由来成分までは言及されません。「天然由来」も、先ほどもあったようにオーガニック=無農薬品のみではありませんから、天然由来品も入っているかもしれませんが、「天然由来品だけ」ではない場合があります。

それでは何が本当の「オーガニック化粧品」かというと、海外のオーガニック認証機関の「オーガニック認定」物なら安心です。こちらの「http://オーガニック認定化粧品.com/」には、オーガニック認定を受けている、正真正銘のオーガニック化粧品を紹介しています。
海外の歴史あるメーカーが多く、厳しい認証をパスしてきているので安心して使用できるものばかりです。

ただし、オーガニック化粧品は成分の強さゆえ、肌に合わない場合もあります。安価なトライアルセットなどで、自分の肌に合うかどうか確かめてから購入しましょう。

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply