最近、オフイスのスペースの無駄を省くため、また、コストカットのために複合機を導入するオフイスが多くなりました。
これまで、コピー機、プリンター、スキャナ、ファックスと単品だったデジタル機器が1つにまとめたのが複合機ですが、確かにスッキリとします。

メーカーによって複合機の使い勝手はちがってきます。
ブラザー、Canon、シャープ、リコー、コニカミノルタ、富士ゼロックスあたりが、よく知られていますね。

複合機に変えるメリットは、少ない面積で設置できることにあります。
しかしながら、複合機にもデメリットがあり、それは、どれかひとつの機能にトラブルが生じた場合、修理期間中はすべての機能が使えなくなるというところです。

できれば、複合機が二台あると安心といったところでしょうか。
複合機を導入する際は、新品を購入するケースよりリース契約や中古品を購入するケースが多いようです。

複合機を購入する場合、固定資産の関係や減価償却費の処理など会計処理が発生します。その点、リース契約では毎月定額のリース料を経費処理すればいいだけなので、会計処理も簡便になります。

リース契約で気を付けなければならないことは、契約時に期間が定められ、中途解約はできない場合が多いこと、所有権はリース会社にあること、場合によっては購入するより割高になることも考えておいた方がいいでしょう。

詳しいことは、複合機のおすすめサイト→複合機.netが参考になります。

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply